企業理念・沿革

当社は、県内企業のコンピュータ共同利用による事務合理化と会計指導を目的に、佐賀新聞社、サガテレビ、佐賀銀行など県内有力企業160社の出資によって、1975年に設立されました。設立以来、「ITの可能性を追求し、豊かな社会の実現に貢献する」ことを理念に掲げ、佐賀県を拠点として全国にわたり、幅広い分野のシステム構築・ソフトウェア開発・クラウドサービスなどを提供し、企業や地域社会の発展に寄与してきました。

また当社は、あらゆる事業活動において、関係法令の遵守、情報保護、環境保全など企業の社会的責任を担い、倫理観に優れた企業であるよう努めています。そのためには、事業活動の根幹となる社員一人ひとりの、働きやすい労働環境、豊かで充実した生活の実現もまた、会社が担うべき役割と考えています。

当社はこれからも、事業活動や社会貢献活動を通じて、豊かな社会と人々の幸せの実現に、尽力してまいります。

沿革

昭和36年2月 田中会計事務所を開設
昭和38年12月 (株)協立経営センターを設立し、田中会計事務所の事業を継承
昭和42年7月 (協)経営センターを設立
昭和44年9月 (協)経営センターに電子計算機を導入し、中小企業からの受託計算処理業務を開始
昭和50年7月 (株)佐賀電算センター(SDC)を設立し、 (株)協立経営センターおよび(協)経営センターの事業を継承
昭和56年3月 (株)さが情報処理センターを設立
昭和61年7月 一般第2種電気通信事業者の認可
昭和62年5月 SDCの福岡支社を開設
昭和63年11月 医療情報サービスに特化した(株)メディックを設立
平成9年5月 本社社屋を佐賀市多布施から佐賀市兵庫町藤木へ移転
平成10年11月 ソフトウェア開発に特化した(株)エスデーシーエンジニアリング(SDC・E)を設立
平成13年3月 システムインテグレータ(SI)企業に登録
平成14年4月 大川信用金庫の関連会社(株)オーエスケイコンピュータサービス(OSK)を買収し、グループに編入
平成14年5月 SDC・Eの東京オフィスを開設
 平成14年10月 プライバシーマーク認定取得
平成15年10月 地場IT企業等で設立された(株)佐賀IDCの筆頭株主となる
平成17年6月 東京事業所を開設
平成21年3月 障害者福祉サービス指定事業者等管理システムの都道府県導入シェアNo.1達成
平成22年2月 佐賀市と企業の森林(もり)づくり協定締結
 平成22年7月 東京事業所を東京都港区芝へ移転
平成22年11月 佐賀税務署より「優良申告法人」の表敬を受ける
平成23年4月 次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定
平成23年10月 ふるさと財団「平成23年度ふるさと企業大賞」にて総務大臣賞受賞
平成24年3月 障害児施設指定管理システムの都道府県導入シェアNo.1達成
平成24年5月 久留米営業所を開設
平成25年3月 身体障害者手帳発行システムの都道府県導入シェアNo.1達成
平成26年10月 名古屋オフィスを開設
平成27年1月 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)「プライバシーマーク制度貢献事業者表彰」にて受賞
平成28年4月 福岡開発センターを開設
平成29年1月 東京事業所を東京支社へ改名し拠点を天王洲アイルへ移転
平成29年8月 「第3回 佐賀さいこう企業表彰」受賞
 平成29年12月 経済産業省「地域未来牽引企業」に選定
平成30年4月

東京オフィスを開設

令和元年7月

ショールーム「DXラボ」を本社1階エントランスホールにオープン

令和2年2月 東京支社を移転拡張
名古屋オフィスを名古屋事業所へ改名し移転拡張
令和2年3月 佐賀大学と産学連携協定を締結
令和2年6月 福岡支社を移転拡張
佐賀大学本庄キャンパス内にサテライトオフィス「R&Dセンター」開設
創業当時の田中会計事務所

初期電子計算機の導入風景

現社屋着工式

現社屋建設中の風景

ページ上部へ